【だって付録が】&ROSY2018年3月号を購入する【気になる】

&ROSY2018年3月号の写真。

あまり雑誌は買わないようにしているのですが、豪華な付録につられて&ROSY(アンドロージー) 2018年 3 月号買っちゃいました…!

何故、購入したのか?

・チーク&リップ・アイシャドウ・ジェルアイライナーという豪華アイテム!

・ブラシも付属!
・パッケージが可愛い!
・監修した長井かおりさんが気になっていたから

(長井かおりさんの書籍は本屋さんでも平積みになっていて、
興味を引かれていたからでした。)

・付録だけじゃなくて雑誌としても気になる!
…という理由でした。

&ROSY3月号はどんな付録だったのか?

&ROSY2018年3月号の表紙を撮影した写真。

・アイシャドウ4色
・ジェルアイライナー
・リップ&チーク
・ブラシ2本

&ROSY2018年3月号の付録を撮影した写真。
&ROSY2018年3月号の付録(コスメパレット)の写真。

パッケージ可愛い!色も綺麗!

&ROSY2018年3月号の付録(コスメパレット)の裏面、商品説明の記載あり。

&ROSY2018年3月号の付録(コスメパレットの中身)を撮影した写真。

ではでは、早速使用してみましょう♪

ブラシ類は固くて合わなかった

&ROSY2018年3月号の付録(コスメパレットのブラシ類)の写真。&ROSY2018年3月号の付録(コスメパレットのブラシ類)その2を撮影した写真。ブラシ類の色味はすべてブラック。

アイシャドウを塗る際、ブラシに取って塗ってみたんですが、

固い!
そして、痛い!
感覚は人それぞれですが、私には無理でした。
指で塗る方が余程良かったです…。

ジェルアイライナーは塗るのが難しい!

&ROSY2018年3月号の付録(コスメパレットのジェルアイライナー)の写真。

実は、普段アイライナーを使用していなかったので、

「おおっ、付録についてるとは!アイライナーもお試し出来る!」
とウッキウキでした(笑)

 

 ところが、塗るのは凄く難しい~!
線はヨレヨレのガタガタ…!

 

 自分が使い慣れていないからだと思うのですが、

練習しても全然上達しなくて。
ペンタイプじゃないと駄目かなぁ…。

ガタガタ過ぎたので、直ぐに落としてしまいました。

塗ってからどうなるのか?の評価がしたかったんですが、
それ以前の問題に当たってしまいました!すみません!

アイシャドウは凄い!

&ROSY2018年3月号の付録(コスメパレットのアイシャドウ4色)の写真。

アイシャドウに関しては、とにかく

「発色が良い」

「ラメが細かくて上品」です!

ちょっとの量で発色します。塗る時にご注意を。
全然減らないのでコスパ良すぎると思います(笑)
先に述べた通り、ブラシが固いので指で伸ばしました。
塗り方はスタンプするように塗る、というのが合っているのかも。

 伸びはあんまり良くないです。

「伸びが良くない→発色が良い」ので、
少しずつ加減しながら塗り重ねると、丁度良い色味でストップ出来ました。

ラメに関しては、キラキラしているのに細かくて、
大人のコスメという感じでした。
(一概に言えませんが、)ある程度年齢を重ねると、
ラメの具合によって品が無くなるメイクになってしまいます。
なので、こちらのアイシャドウは凄い!と思いました。

色味に関して、一番好きだったのは右上のベージュブラウンです。
一番普段使いやすい色味だと感じました。
左下のダークブラウンは色が濃く出過ぎちゃって、ケバケバしくなっちゃった…。
本当にちょ~~~っとだけ、塗ると良かったです。
ただ、この加減が難しくて…。
右上のベージュブラウンを一色塗りが一番手っ取り早く、
大人っぽく綺麗な感じになりました。

あと、今春流行りの色が試せたという点で右下のオレンジは良かったです。
ただ、残念ながらあんまり合わなかったなぁ。
本当に薄っすらなら、まだ何とか…?

リップと同じ色味なので、恐らくこの付録の一押しなんだと思います。
今春のメイクはこんな感じの色味が多いですね~。

そういえばルナソルも
LUNASOL(ルナソル) マカロングロウアイズ (01)を出していました。
あちらはもうちょっと色がピンク寄り。
う~ん、もっと似た色というと、
LUNASOL(ルナソル) 【数量限定】マカロンニュアンスアイズ(限定品) (EX04)
になるかな?

それにしても、この春のメイクと、
肌の色(イエローベース・オータム)が合わないというのは残念でした。

&ROSY2018年3月号の付録(コスメパレットのアイシャドウ・オフホワイト)の写真。

左上のオフホワイトは…う~ん、使うの難しいや…。
上手にハイライトとして使えたら良いなと思ったのですが、
黄み肌からは微妙に浮きすぎて、ちょっと白くなり過ぎる…。
あと、妙な艶?になってしまいました。
もっと肌色が白ければ?馴染んで合うの、かも…?
う~~~ん、多分もう使わない気が……。

アイシャドウに関する後日談

アイシャドウのオレンジに関してなのですが、
「イエローベースなのにオレンジが合わないなんて?!」と、
ちょっと意地に(!)なりながら、試行錯誤を繰り返し。

それまでは指に取って塗っていましたが、
ダイソーでアイシャドウ用の筆を購入し、筆で塗る事にしました。
アイシャドウを筆に取る時に、多過ぎる量が取れてしまうので、
ティッシュに一旦落としてから塗りました。

多分、最初塗った時に合わなかった一因として、
塗る量が多過ぎたというのがあったと思います。
「少しの量を・まつ毛の根元から少し上の範囲だけ塗る」
と、良い具合になりました…!
瞼全体に塗ると、あ~、うーん、かなり変てこな感じに…。
(ちなみに、ぼかしても無駄でした…。)
色を塗る範囲は、まつ毛の根元から少し上だけなんだと思いました。

あと、筆で塗ってもやっぱり馴染みが良くなかったです。
筆で塗るラインは太く塗らないように気を付けて、
塗り終わったら指で馴染ませると、グッと良くなりました。

これで、付録のアイシャドウ2色が使える色になりました!
とっても嬉しいな~、と思っています♪

リップは乾燥する…!

&ROSY2018年3月号の付録(コスメパレットのリップ)の写真。

元々唇は荒れやすく、縦皺が深いので、リップに関してはどうかなぁ~。使う前から不安が…。
とにかく一応使ってみなければという訳で、使ってみたものの、リップは乾燥してしまい、一日で断念しました。
グロスとか重ねても良いけど…、多分、
「毎日使用すると累積で乾燥のダメージが確実に残る」予感がするので、
同じく唇が荒れやすい方は期待しない方が良いかと。
或いは、下地に乾燥防止のリップクリームを塗る事を推奨します。

アイシャドウと同じく、リップも合わない色味だったのですが、
グロスやリップを重ねる事で、グッと違う色味に変えられるので、
あまり色味の問題は無いかと思われます。

こちらはチークとしても使えるのですが、手が汚れてしまうので、使用しませんでした。

まとめ「でも、買ってよかった」

&ROSY2018年3月号の付録(コスメパレットをそれぞれ紙に塗ってみたもの)の写真。

付録としては豪華なセットでしたが、
合わないものも多く、恐らく今後使用するのはアイシャドウだけだと思います。
ごく普通に考えて、それなら評価は悪くなるのでは、と思われるでしょう。
しかし、私は今回「買ってよかった」と思いました。
アイシャドウが良かったというのもありますが、
「メイクの練習が出来た!」「今春流行りの色味を試せた!」
という点で満足しているからです。
テスターを店頭で試すのって、人目が気になりますし、
そもそもテスターが汚れていて使う気になれなかったりで、
なかなか試す事自体が出来ません。
でもほら、お家だから誰も見てないし、気にせずバッチリ出来る訳で…。
しかも雑誌のお値段で!と思うと、勉強料としては安いです。
アイシャドウを塗る時も付録だから、と思うとガンガン塗れたし、
最高の変顔だったけど(笑)それも面白かったです。

また、色味に関しては本当に「知る事が出来て良かった!」
実際に自分に似合わない色を買った時の絶望感を思えば…です。
今回の雑誌購入は、良いお買い物でした。

アイシャドウが特に良かったので、
もし色味が合うならですが、購入をお勧めします。
というのも、本当に経済的だと思うから。
実は、お金が無い時に100均でコスメを購入していましたが、
ラメがあんまり良くなくて使用しませんでした。よって、除外。
それ以上の価格帯で探すとなると、ちふれとかセザンヌだと思います。
定番色ならあるのですけれど、付録の色は「今」の色ですので…。
このラメ、この色でいくなら、それなりに金額がかかりそう。
是非、ご興味ある方は探されてみてはと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です