日焼け止めに関しての考察

顔使用に振るタイプの日焼け止めを好む理由

 今までジェル・乳液タイプを使用してきましたが、
顔に関していえば、シャカシャカ振ってから使うタイプの方が好きです。
理由
 振ってから使うタイプは化粧下地効果が高いから。
私は日焼け止めを塗った後、
ベビーパウダーを肌に乗せます。以上でおしまい。
普段はベースメイクを超簡単に終わらせているので、
日焼け止めの下地効果が高いと凄く助かるからです。
振るタイプの方だと顔色が白くなるので、断然こちらを選びます。

 本当はファンデーション等を使用したいものの、
最初は良くても時間の経過とともに崩れ方が酷くて…。
一番崩れにくい方法・吹き出物の少ない方法を模索した結果、
凄くシンプルなメイクに落ち着きました。
そして、日焼け止めは振るタイプに落ち着いた、という訳です。

振るタイプの日焼け止めで感じる、良くない所

難点
 振るタイプはとにかく乾燥する!
ジェル・乳液タイプの方がやっぱり保湿力が高いです。
振るタイプは途中で乳液で保湿しないと、
乾燥激化してどうしようもなくなりますね…。

 ジェル・乳液タイプはオイルが足される所為なのか、吹き出物が出やすい。
一方、振るタイプは保湿しても数時間後には乾燥する。


 この二択になった時、
まだ吹き出物よりは乾燥の方がまだスキンケアで対応しやすい、
という結論に至り、振るタイプを好んで使うようになりました。

日焼け止めで困っている事

 最近は「高SPF値でも洗顔で落ちる!」という商品がありますが、
これは……、どうかなぁ…。
低いSPF値の場合はともかくも、
高SPF値の物で落ちやすいと感じたものがありません。
それに、やっぱり、
しっかり「クレンジング+洗顔」で落とした方が肌の調子が良いです。

 洗顔だけで落ちると言われている物で、洗い終わった後、
洗い残しを感じた時の絶望感と言ったら…!

 二度洗顔する肌の負担を考えると、
最初から「クレンジング+洗顔」で落とす方が良い!
と考えています。

日焼け止めのクレンジングに関する課題

 今の所、クレンジングに関する課題としては、
・日焼け止めを完全に落とし切るクレンジングと洗顔料を探す
・なおかつ、吹き出物が出来たり、乾燥し過ぎたりしない物を探す
・クレンジングで乾燥してしまっているので、保湿対策を頑張る
が挙げられます。

 日焼け止めもクレンジングも、
沢山の商品が出回って、全部試せないのがもどかしいですね。
限られた中での最適を見付け出したいと思います。

 以上、日焼け止めに関する考察でした。
変更等あり次第、随時追記・更新したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です