【数量限定】マルシェボン ゴシックローズを使ってみました!

マルシェボン ゴシックローズの正面写真。紫色の石鹸。

ここ最近の石鹸は殆どが、マルシェボン。今回は数量限定の「ゴシックローズ」を記事にしたいと思います♪マルシェボンとの出会いはダマスクローズを使ったのが始まり。同じく「ローズ」繋がりという事で期待が高まります…!

マルシェボン ゴシックローズとは?

マルシェボン ゴシックローズの正面写真。石鹸は透明のフィルムで包まれている。

マルシェボンのダマスクローズが良い商品だったので、まさかローズの別バージョン石鹸が販売されるとは…。ゴシックローズの発売を知ったのは、マルシェボンのFacebookで。どういう訳だか、マルシェボンは雑誌などでの告知を全然やっていない………。

マルシェボン ゴシックローズの裏面商品パッケージ。商品説明の記載あり。

標準重量100gとなっています。今まで数種類使ってきましたが、大体3週間ぐらいで使い切りました。

マルシェボン ゴシックローズの本体である石鹸の写真。

Facebookで見た時はもっと半透明な紫に見えましたが、実物はもっとこう…、羊羹の様な石鹸(?)に仕上がっていました。

実際に「マルシェボン ゴシックローズ」を使ってみて

んんんんんん…。こ、これは…、あんまり趣味じゃない香り………。ダマスクローズの感動はどこへ…。

ゴシックローズの香りは「お化粧品っぽい」バラの香りです。バラの「植物が放つ香り」の部分にフォーカスしたダマスクローズの様な香りじゃなくて、もっと人工的な感じ。そうですね…、開封と共に「百貨店のコスメカウンター前」にワープした様な香りが…(すみません、分かりにくいですね…。)

そして、結構香り強いよ!使った事のあるマルシェボン石鹸の中ではツバキが一番クサか………、香りが強かったのですが、第2位に躍り出たのが…、ゴシックローズ!

マルシェボン ツバキ(本体)の写真。赤と白の二層になっている石鹸です。【数量限定】マルシェボン ツバキを使ってみました!

マルシェボンは溶けやすい石鹸なので、時間経過とともに香りも弱まります。でも、使用開始から一週間ぐらいはお風呂上りでもブンブン香り立ってる状態でした(香りが強く、持続する事も考えたら、男性受けはあまり良くないかもしれない…)

豊かな泡立ちとしっとりした洗い上がりは、流石のマルシェボン!ここは文句無しの実力でした。

「ゴシックローズ」VS「ダマスクローズ」

個人的には「ゴシックローズよりダマスクローズの方が好みの香り」だと思いました。もし、ダマスクローズが再販されたとしてもリピート購入は控えようと思います。

マルシェボンの石鹸「ダマスクローズ」の正面写真。【マルシェボン】ダマスクローズを使ってみました【定番】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です